ネットでは,目の下のたるみを取るなどといった広告を頻繁に目にします。各種アカウントに登録された性別,年齢,買い物歴などのデータから,その人に推すべき商品が選ばれるので,私がそのようなことに興味があるだろうと自動的に判断されているのでしょう。

私自身これから婚活をしようという歳ではありませんので,そのへんはどうでもいいのですが,医学的に疑問を感じたので意見させていただくことにします。

まず「目の下のたるみを取る」という商品についてです。男性は50歳を過ぎる頃から目の下がたるんで膨らんできます。私も結構きています。そしてこの部分に貼るテープのような商品が販売されています。

目の下のたるみの原因は眼輪筋の萎縮です。眼輪筋というのは目を中心にバームクーヘンのように幾重の輪のように目を囲んでいる筋肉で,目をつぶるための筋肉です。年令とともにこの筋肉が薄くなると眼窩の中の脂肪の圧力に耐えられなくなって膨らむのです。

ですから,断言しますがテープで目の下を押さえても無意味です。唯一可能性があるのは眼輪筋の筋トレです。具体的には目に力を入れて細める感じ,ゴルゴ13の目のようにするような感覚で,それを20回ほど繰り返すのを1日数セットほどやればいいんじゃないでしょうか。少なくともテープよりはずっと効果があるはずです。

ここで,なぜ芸能人の顔は若々しいのか,という首題の部分に戻ります。それはお金をかけているからといえば身も蓋もありませんが,確かに重要な事実の一部ではあります。しかし彼(彼女)らが常日頃から顔の筋肉(表情筋)を鍛えているというのも大きな理由です。彼らは人に見られるという立場上,常に自分の表情を意識して顔を作っています。楽屋内での芸能人の行動を撮影するようなどっきり番組で,表情がスタジオ内で見るものと違ってのっぺりとしていることに気がついた人もいると思います。彼らは人の前では意識的に顔を作っているのです。だから彼らの顔は若々しいのです。

これは同様に女性が気にするほうれい線についても言えます。原因の基本は表情筋の萎縮ですから対策は顔を動かすことになります。顔の筋肉に力を入れて子供が好きな「変顔」を習慣化するのが有効でしょう。また,女性の場合は閉経以降に骨密度が低下して下顎骨の吸収が進むと顎が小さくなって顎の周囲の皮膚が余ってきます。これによってマリオネットラインが目立ってきます。昨今は女性が紫外線を忌避するようになっているので将来的にマリオネットラインが目立つ女性が増えてくるかもしれません。

年をとると必然的に感情を顔に出す機会が減ってきます。顔の老化は顔の筋トレで予防,というのがいいんじゃないかと思います。子供や孫と一緒に変顔しましょう。