子宮頸がんワクチン

若年女性に多い子宮頸ガンを引き起こすHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するワクチンです。

ガーダシル
子宮頸がんを引き起こす主要ウイルスである16,18型と,さらに尖形コンジロームや呼吸器乳頭腫症を引き起こす6,11型のワクチン成分が入っています。2021年から9価ワクチン(シルガード9)の接種も可能になっています。

接種間隔
1回目の接種後,2ヶ月後に2回目,6ヶ月後に3回目,の合計3回

自費接種の場合,接種料金は16,600円/回(サーバリックス,ガーダシル),28,000円/回(シルガード9)です。予約が必要になりますので接種を希望される方は予めご連絡下さい。なおシルガード9については厚生労働省より被接種者全例のフォローアップと報告が義務付けられているため,事前の説明や専用のスマホアプリの登録の必要がなります。